塚本ユージ Art & Message | 毎日をもっと自分らしく、ハッピーに

塚本ユージ「絵ポエム」インスタグラム 塚本ユージFacebook 塚本ユージTwitter

2018.07.09

絵本「かいとう あっというま」茂木健一郎さん選評

絵本「かいとう あっという」を購入してくれた友人知人たちから、
感想をちらほら聞くようになりました。
その印象は本人がまず楽しんでくれたり、考えさせられたということでした。
「大人が読んで、子どもにも読み聞かせしたいと思ってもらえるような絵本」
そんな作品がつくりたかったので、嬉しい限り。

とは言いつつ、子どもたちの反応はもちろん気になる。
先日、母が僕の姪に「かいとう あっというま」を読み聞かせている姿を遠目で見ていました。
姪は年長さんで5才。
普段から元気であまりおとなしくしているのを見たことなかったけれど、
読み聞かせ中は、じっとして、食い入るように見ていました。
読み聞かせが終わった後、恐る恐る「どうだった?」と聞いてみると、
「おもしろかった!!」と。
一番おもしろかったところは、「かいとう あっというま」が捕まった後、
たくさんの人達が自由にしているシーンだったようです。
絵本ど真ん中世代に伝わりほっと一安心。

絵本「かいとうあっというま」読み聞かせ
▲読み聞かせ中、集まってきた2才、3才、6才の女子たち

話は戻りますが、絵本「かいとう あっというま」は読み手の年齢層も幅広く、自分のために、子どものために、
ともだちのために買ってくれているようです。
作り手としては、一人でも多くの人に読んでもらうことが何よりも幸せ。

書店にあってもなかなか実感できなかった絵本を出版したという事実、
こうして読んだ感想を聞いてはじめて湧いてくるものですね。

さて、be絵本大賞で大賞を選んでいただいた方の選評、お二人目は茂木健一郎さんです。

【選評】 茂木 健一郎 氏

今年も本当にすばらしい作品がいっぱい集まりました。
 この作品は、脳は、ほとんどの情報はイメージから受けとめているのですが、そのイメージの世界で、よく考えられた情報の伝え方をしています。このような作品は珍しいと思います。
 キャラクターもかわいいですし、それと構図が、ちょうど脳に一番いいかたちで物語がストンとはいってくるような構図になっている。これは、まさに芸術ですよね。
 作者の塚本さんは脳科学者じゃないと思いますが、脳科学者と同じくらい人間の脳のことをわかっていますね。本当にすばらしい作品でした。

出典・引用:be絵本大賞より
http://p-kies.net/be-ehon/2017/yell_01.html

▼Amazon購入ページ
https://amzn.to/2J9ajRX

-OTHER WEB-

メッセージアーティスト 塚本ユージ「ミミアンジュール」 メッセージアーティスト 塚本ユージ「ミミアンジュール」Facebook メッセージアーティスト 塚本ユージ「ミミアンジュール」Twitter 友だち追加