塚本ユージ Art & Message | 毎日をもっと自分らしく、ハッピーに

塚本ユージ「絵ポエム」インスタグラム 塚本ユージFacebook 塚本ユージTwitter

2017.08.16

自分らしく→子どもとの時間

子育て・子ども・デザイン 塚本ユージ

長男が生まれて、彼と一秒でも一緒にいたくて、独立して9年。
当時周りからは、会社を辞めた理由、独立した理由を聞かれては、
「子どもと一緒にいたいから」と答えると、
笑われたり、心配してくれたり、そんな人が多かったように思えます。
本気で「世の中そんなに甘くないぞ」とアドバイスをしてくれた人もいました。

でも、僕は今しかない子どもの時間、子どもとの時間を大切にしたかった。
なので、今もあの時の選択(実際は勢い)は、
間違っていなかったと思っています。
なぜなら、この9年間、毎日充実していたし、
毎日子どもと一緒にいれてハッピーだったから。

独立した理由は、
社会的にみたら自分勝手で志も何もなかったのかもしれません。
でも、子どもたちのキラキラした世界の何かに役に立ちたかった。
というのは当時も今も変わっていなくて、
それをやっていたら、だんだん子どもだけのアプローチではダメで、
大人の世界にも想像とデザインを通して、何かをしなければいけないという想いが生まれてきて、
今の活動につながっています。
(詳しくはアメージングデザインのあいさつページでも書いてあります。)

今は嬉しいことに東京はもちろん、他県からも小中学生の職業体験やワークショップ、講演の依頼もいただくようになり、
僕自身ワクワクで、多くの子どもたちと関わることも出来、
公私共に充実した日々をおくることが出来ています。

前述のような僕の考えに近い人と出会うことも増えてきたこともあり、
このブログ「Part」には子どもワークショップ等の活動だけでなく、
子どもとの普段の関わりや、考え方も書いていこうと思います。
ちなみに

「Part」の意味は「人生で大切な部分」

という意味からとっています。

もうひとつの理由としては、
僕が迷走してブツブツと悩んでいた時に、
ひと言友人に言われました。

「塚本ユージと言えば、子どもとアートでしょ。」

それを言われた瞬間、パッとスポットライトが当たったような気がしました。
当たり前すぎて、身近すぎて気がつけなくなっていたことに
気づかせてもらいました。

確かに、気づけば僕の周りの友人はもちろん、
仕事仲間やお客さんたちからも
「塚本=子どもとアート」
というイメージになっているし、
子どもとアート(またはデザイン)に関する事があれば、相談や紹介をしてくれる人が周りに増えてきていました。

手垢のついた言葉ですが、
灯台下暗しとはこういうことなのかな。

ということで、子どもとのお話もつづっていきます。

-OTHER WEB-

メッセージアーティスト 塚本ユージ「ミミアンジュール」 メッセージアーティスト 塚本ユージ「ミミアンジュール」Facebook メッセージアーティスト 塚本ユージ「ミミアンジュール」Twitter 友だち追加