塚本ユージ | クリエイター・デザイナー・イラストレーター

クリエイター・デザイナー・イラストレーター塚本ユージ
HOME > colum >

映画「うまれる」を観て

クリエイター・デザイナー・イラストレーター塚本ユージ
クリエイター・デザイナー・イラストレーター塚本ユージ colum

2014.07.01

映画「うまれる」を観て

塚本ユージ 映画

先日、映画「うまれる」を観てきました。

普通の映画とは違い自主上映会を希望した団体などが上映するスタイルで、
ぼくは「日本保健医療行動科学会」の学術大会の一部で上映会をするということを知り、
お願いをし、鑑賞させて頂くことができました。

内容は言葉という表現では簡単に表すことは出来ませんが、
4組の家族の命の物語(ノンフィクション)を綴っていきます。
妊娠、出産、育児、流産、死産、不妊などを通して、命の尊さを改めて知り、
最終的には自分や家族は今を「生きる」「生きている」という事実に
深く考えさせられました。

途中からは涙が止まらなくなるので、
ハンカチは必要です^^

どんなに素晴らしい脚本のドラマよりも
やはりひとりの人間の物語は偉大で尊いものです。

終わる頃には、早く家に帰って子どもたちや奥さんに会って
改めて感謝をしたいっ!と思いました。

家族に、友人に、周りのひとたちに、
そして今まで出会った人たちに
「感謝をして生きよう」と
改めて考えさせられた映画だった。

関連記事

▲ライブ絵本「ぼくの物語」ダイジェスト版

▲ミュージシャンPV

運営WEBサイト

クリエイター・デザイナー・イラストレーター塚本ユージ クリエイター・デザイナー・イラストレーター塚本ユージ クリエイター・デザイナー・イラストレーター塚本ユージ