デザイン・教育・子育て | こどもデザイン・クリエイター塚本ユージ

子供と元子供たちが笑顔でハッピーになれるようなイラストブランド「アンジュール」のインスタグラム 子供教育のデザイン・クリエイター塚本ユージFacebook 子供教育のデザイン・クリエイター塚本ユージTwitter
子供教育のデザイン・塚本ユージ
HOME > colum >

起業家シンポジウム登壇 @東京電機大学

子供教育のデザイン、子育て
子供教育のデザイン クリエイター塚本ユージのcolum

2016.01.04

起業家シンポジウム登壇 @東京電機大学

塚本ユージ 創業セミナー 東京電機大学

先日、東京電機大学主催の「学生起業シンポジウム」で
講師&パネラーとして出演させて頂きました!
まずは東京電機大学の広さと最新の施設に3ビックリ。
観覧には電大生、未来大学生の他に、区の方々や起業家も多いことに10ビックリ。

まずは3名の社長が個々にお話をする中、
おふたりは大企業から自分の可能性を探り、起業する物語を格好良くお話されました。
僕はというと、変わり種的ポジションで、「こんな奴ができるなら、おれでもできるかもっ!」と、
学生たちに思ってもらえるようなお話をしました。
と言うか、元々フリーターでミュージシャン目指してて、子どもといたくて起業して・・・
という経歴からして、エリートなおふたりとは違うので、どうしてもそういうお話になってしまいます。
若者サポートステーションなどフリーターやニートの方たちの前で話す内容とほぼ同じ
内容をメインにお話をしました。

その後、パネルディスカッションでもペラペラと自分の考えをお話したわけですが、
シンポジウム終了後、何名かの方が話しかけに来てくれ、
「勇気が出た」
「人生観が変わった」
「よく恥ずかしくもなく話せませすね」
「起業のイメージが変わった」
など色々なご意見をいただきました(^^)

じぶんの創造物や、発信情報との出会いで、
誰かの何かが変わったり、
思い出したり、気づいたり・・・。
しかもそれを、ご本人たちが直接お話をしてきてくれたり、人伝に聞いたりして、
「誰かの役に立てたんだ!」と実感するこの瞬間、
僕の背景に音と共に赤と黄色のキラキラが出てきてハッピーになります。
たまらなく最近は好物で、こういうことがじぶんはやりたかったのかもしれないと思います。

これからもデザインや創作物を通して、
元こども達が持っている「素直さ」や「勇気」「優しさ」を
思い出し、気づくきっかけの役割を担っていきたい!

関連記事

子ども・デザイン 塚本ユージのイラスト・絵ポエム
ワークショップ・教育・子供のデザインなら「アメージングデザイン」 子供と元子供たちが笑顔でハッピーになれるようなイラストブランド「アンジュール」 子供も大人も嬉しい!可愛い雑貨ショップ

▲ライブ絵本「ぼくの物語」ダイジェスト版

▲ミュージシャンPV

▲絵ポエム ショートムービー

運営WEBサイト

子供と元子供たちが笑顔でハッピーになれるようなイラストブランド「アンジュール」のインスタグラム 子供教育のデザイン・クリエイター塚本ユージFacebook 子供教育のデザイン・クリエイター塚本ユージTwitter