塚本ユージ -Yuji Tsukamoto-

塚本ユージ(Yuji Tsukamoto)「絵ポエム」インスタグラム 塚本ユージ(Yuji Tsukamoto)Facebook 塚本ユージ(Yuji Tsukamoto)Twitter

2019.09.24

子どもたちへ#05 まずはやってみる(実践編)

前回、本当に自分のやりたいことや直感が働いても、
外野の声やこびりついた常識が邪魔をして、
行動まで移せないこともある。
と、言う記事を書きました。

子どもたちへ

僕はこういう時は、
できるだけマイナスに働く意見は聞かないように努めますが、完全には防げない。
反して、誰かの意見を聞きたい気持ちもあります。

そういうことで、実現したい望みやアイデアがうまれた場合、僕は人に話すようにしています。
つまりこういうこと。

1,実現したい望みやアイデアがうまれる
   ↓
2,行動開始
   ↓
3,人に話す、色々な意見が出る
   ↓
4,自分にとってエネルギーになる意見を受信
   ↓
5,行動続ける(トライ&エラーの繰り返し)
   ↓
6,望んだことがカタチになる

誤解を恐れずに言えば、
自分が行動する上で都合の良いものだけをセレクトする。

人からもらう意見は3つあると思います。
前向きな意見、マイナスな意見、
そして糧になるアドバイス。

行動する上で前向きな意見や情報はどんどん取り入れます。
そして、僕のことを心配してリスクなどを話してくれる行動にはマイナスな意見。
もちろん真摯に受け止めます。
心配してくれて本当に嬉しい。
泣くこともあります。
でも、「行動する」と言う部分だけを切り取ってみたとき、
その意見は妨害になってしまうことが少なくない。
なので、心の奥の引き出しに鍵をかけて大切に保管。

そして糧になるアドバイス。
これはどんどん素直に受け取ります。
言われたらすぐトライ。
本も同様、読んだものは片っ端から試します。

これらは、望みを叶える時だけなく、
日常でも取り入れることが大切!

僕は、テレビのニュースは見ないようにしています。
日々起こる痛ましい事件を見て、悲しくなったり憤ったりすると、
その気分が半日、一日と引きずってしまうから。
情報は基本、自ら取りに行きます。
そして、一緒にいてストレスのたまる人とは会わない。
これは独立して少しづつ実現中。

いかにストレスを減らし、心地よい気分を保ち、
心身ともに自分の望むことに集中できるかが大切!
この辺りの具体的な話もいずれ。

話を戻します。
僕が望みを叶えようとした時は、
人に話します。

会社を辞めて独立すると言い出したとき友だちには心配され、
社内では笑われました。
絵本を出版する!と言い出したり、
NHKのおかあさんといっしょに自分のイラストを出演させる!と言い出した時も、
周りからはうふふふって笑われることもよくありました。
それでも、口に出します。
そして、自分の望みに向かってすぐ動く。
机の上で計画を練り迷っている時間があるなら、まずやってみる。

気づいたら行動していた。。。とう方が合っているかな。

そして、それは早ければ数カ月後にはカタチになる!

あなたの望みは何ですか?

それを誰かに話しましたか?

その望みを叶えるために何をしていますか?

どんな失敗をしましたか?

もしこの中に空欄の回答があれば、
まずはそこから埋めてみませんか。

まずは、言ってみる。
まずは、動いてみる。

お試しあれ^ ^

-OTHER WEB-

塚本ユージ(Yuji Tsukamoto)「ミミアンジュール」 塚本ユージ(Yuji Tsukamoto)「ミミアンジュール」Facebook 塚本ユージ(Yuji Tsukamoto)「ミミアンジュール」Twitter 友だち追加