塚本ユージ -Yuji Tsukamoto-

塚本ユージ(Yuji Tsukamoto)「絵ポエム」インスタグラム 塚本ユージ(Yuji Tsukamoto)Facebook 塚本ユージ(Yuji Tsukamoto)Twitter

2019.10.03

子どもたちへ#07 ありがとう1

「ありがとう」
今日、あなたは人に「ありがとう」と何回言いましたか?
「ありがとう」と人に何回言われましたか?

僕はデザイン事務所をやっています。
もちろん会社なので10年間で良い時と、そうでない時の波があります。
売上が良くない時は、ある時からこう思うようになりました。

「ありがとう。と言われることが少なかったかも」

「人のためにあまりできていなかったかも」

誤解を生むかもしれないけれど、
売上を上げるために、人の役に立ちたいと思っているのではないです。
その時の自分の思考、意識、行動を考える指標を、売上というひとつの結果で確認します。

ありがとう

売上が少なかった月は、ありがとうが少なかった月。
なぜなら、お金は感謝の気持ちを形にしたものだから。
「ありがとうの数」≒「お金」

つまり僕の仕事で考えた場合、
デザインという成果物をゴールにするだけでなく、
もっと本質的な部分を捉え、
お客さんの喜ぶこと、
ためになることを考えます。
これ、デザイナーとしては当たり前のことですが。

この時のポイントは、
お客さんの笑顔を思い浮かべること、
そして自分がワクワクすること。

デザインに限らず他の仕事でも共通すると思います。

ビジネスの世界では、〇〇戦略と呼ばれるものが色々ありますが、
その本質は、どれだけひとが喜ぶか。
つまり、お客さんから「ありがとう」をもらえるかなのではないかな。
その結果のひとつが数字でわかりやすい売上。

 

想像しよう、ひとの笑顔を。

共感しよう、ひとの気持ちに。

 

「ありがとう」の種は僕たちの身の回りにたくさん植わっています。
あとは僕たちが想像力と共感力を用いて、どれだけ関われるか。
「ありがとう」の花がたくさん咲けば、
この世界はもっと優しくなれるはず。

-OTHER WEB-

塚本ユージ(Yuji Tsukamoto)「ミミアンジュール」 塚本ユージ(Yuji Tsukamoto)「ミミアンジュール」Facebook 塚本ユージ(Yuji Tsukamoto)「ミミアンジュール」Twitter 友だち追加